切り抜いて名前カードと共に

ビジュアルファンブックアーティストのエドワード・ゴーリーのエクスポをめぐってきました。
俺は昔からゴーリーの品物が大好きだ。モノクロの緻密な線画、シュールレアリズム、ナンセンス、不条理な講話が大人モードでどうしても味わい深いだ。同じ品種のヤンシュヴァンクマイエルや、トーベ・ヤンソンも大好きです。ほとんどこういうエクスポに来ている人のほとんどが知っていると思います。来場者は男女同じくらいの比率で、生徒らしい人から高齢の顧客まで数々でした。ゴーリーは不条理かつ暴力的セリフが多いので、さすがに乳児単独での来場はなさそうでした。ゴーリーの品物はとても乳児モードとは思えませんが、ゴーリー本人は乳児向けに品物を作っていたと言われているそうです。
今回のエクスポでは物販空白もあり、貴重なプロダクトを手に入れることができました。世界的に特に人気のある「うろんな顧客」のキャラがプリントされたマグカップ、名前カードは別にブームでした。本当はセルイラストが欲しかったのですが、ちょい高かったので観念し、名前カードを購入しました。チラシも持って帰ったので、切り抜いて名前カードと共に困難に飾っています。
津々浦々を巡回するようなので、気違い以外のパーソンにも必ず見てもらいたいだ。せフレの作り方、探しならこちらのサイト